2015
05.09

賃貸ではなく自分の所有する住宅が欲しいと考える方が多くなっています。

賃貸で高い家賃を払っていく場合、手元に何も残りませんが、マンションや新築一戸建てを購入しローンの支払いが完了すれば、自分の城が手に入ります。

どうせお金を払うのなら、残るものを選択したいという方が多くなっています。

新築一戸建てを選ぶ方はどのような目的から選ぶのかというと、ご家族、個人によって理由は様々です。

早めに新築一戸建てを購入し、退職までに住宅ローンを支払えば、退職後、安定した生活を送る事が出来るという考えの方もいますし、マンションなど集合住宅でほかの方々に気を使いながら生活するよりも、家族だけが暮らすマイホームを持つ方がストレスも少ないと考える方、やはり土地建物両方を所有したいと考えるなど目的は異なります。

新築一戸建ての購入を選択する場合、ライフスタイルに合わせてリフォームする事もできますし、自由度の高い生活ができるという魅力があります。

また最近は耐震補強の整った建売住宅やエコに特化した住宅などもあり、安全性が高く地球環境にやさしい住宅が多くなっています。

そのため、マンションよりも新築一戸建てに暮らしたいという希望を持つ方が多くなっているのかもしれません。

マンションが老朽化した時、マンションの組合や不動産会社の意向を待たなければ老朽化に対応できないという事もありませんし、メンテナンスや建て替え、リフォームという際にもストレスが少ないのが、新築一戸建てなのかもしれません。

◆参考リンク・・≫ 住まいさがしのマイスマ

No Comment.

Add Your Comment

Comments are closed.